高級品 通信販売

高級品 通信販売の商品を紹介

おに入りに追加
おすすめカテゴリ
高級品 通信販売
売れ筋商品
最高級スネークウッド曲りステッキ(杖) 竹節彫り ロングサイズ【送料無料】 最高級スネークウッド曲りステッキ(杖) 竹節彫り ロングサイズ【送料無料】
オススメ度:オススメ度
価格:1,890,000円
発送可能時期:
Romanee-Conti 6L DRC [1985] 100点+ 航空便入荷ワイン Romanee-Conti 6L DRC [1985] 100点+ 航空便入荷ワイン
オススメ度:オススメ度
価格:17,850,000円
発送可能時期:
★新製品 有機JASバニラビーンズ 業務用 500g×6最高級品 1本(4-5g) (化学合成農薬・化学肥料)不使用栽培 100%ご注文後、発送まで5-6日掛かります ★新製品 有機JASバニラビーンズ 業務用 500g×6最高級品 1本(4-5g) (化学合成農薬・化学肥料)不使用栽培 100%ご注文後、発送まで5-6日掛かります
オススメ度:オススメ度
価格:88,200円
発送可能時期:

このページの情報は
2009年3月7日12時17分
時点のものです。

<< 戻る

●[WS95点] ルイス レッドワイン "アレクス・ブレンド" ナパヴァレー 2006

●[WS95点] ルイス レッドワイン "アレクス・ブレンド" ナパヴァレー 2006
人気ランキング:
定価: オープン価格
販売元: Esprit du vin YANAGIYA
発売日:
価格 商品名
11,550円
●[WS95点] ルイス レッドワイン "アレクス・ブレンド" ナパヴァレー 2006
≪**スペクテイター95点!**≫■年産わずか875ケース。ルイス最入手難銘柄の1つが電撃入荷WS誌全米年間シラー【第2位】95点!Highly Recommended受賞【Lewis Red Wine "Alec's Blend" Napa Valley 2006】ルイス レッドワイン "アレクス・ブレンド" ナパヴァレー 2006●その希少度はリザーヴ・カベルネの比ではありません… 年産 [835c/s!]■流行や一時の人気の波に左右されることなく、畏怖堂々たる "格" 備わる不動の名門 『ルイス・セラーズ』。日本では「スタンダード・カベルネ」でさえ1万円を当たり前のように越え、「リザーヴ・カベルネ」ともなると2万円の値の付く高級プレミアム。ここへシャルドネとシラーを加え、一般的に流通するのは4作品となります。それらは費用さえ惜しまねばさほど入手に苦労はしません。しかしルイスには滅多にはお目にかかれぬ更なるレアの "リミテッド・キュヴェ" が存在します。カベルネ版のスペシャル・ロットが前回希少ワインフェアにも登場し、即日完売となりました 『キュヴェ・L』。そしてシラー版のスペシャル・ロットがこちらの 『アレクス・ブレンド』 です。実はルイスで造られるうち、最も少量生産かつ希少品とされるのがシラー系。例えば2005年ヴィンテージの生産量を比較しても、カベルネが1,500ケースに対してシラーは200ケース。一般的なショップでは「レア」と謳われるリザーヴ・カベルネが2,200ケースに対し、こちらのアレクス・ブレンドは≪500ケース≫といずれも数分の1。際立つのは生産量の少なさのみではありません。品質においても然り。なにせスペクテイター誌におけるルイスのワイナリ過去最高スコア【WS97点】を獲得したのは、カベルネでもリザーヴでもなくシラーなのですから。シラーはクオリティーにおいてもルイスの頂点にあり、同時にナパの最高峰でもあるのです。▼ルイス・セラーズ(Lewis Cellars)1992年、ナパに誕生したルイス・セラーズはデビーとランディーのルイス夫妻により設立されたプレミアム・ワイナリーです。ランディー氏はF3、フォーミュラ500、インディ500などで、23年もの活躍を続けた元カー・レーサー。遠征でヨーロッパを巡っているうちにワインの魅力に執り付かれました。引退後にいつしか自らの夢になっていたワイナリー設立に向け動き出しました。それには奥様のデビーさんの存在が大きく、彼女は長年ワイン流通業、ワインバーのマネージメントなどをこなし、実家はナパで100年の歴史ある農場を経営しており、彼女の助言無くしてルイスは無かったと言われています。当時ワインメーカーにポール・ホッブス氏を迎え、年々飛躍を続けたルイスは2001年のプルミエ・ナパのオークションでは最高落札額を叩き出し、スペクテイター誌でも2度の【WS97点】を含む94回の90点越えという凄まじいアベレージを誇り、不動の地位を築き上げました。現醸造家はブライアン・モックス氏。『スタッグス・リープ』 で修行を積み、『パイン・リッジ』 で3年間エノロジストを務め、その後 『レアード』、さらに 『エチュード』 のワインメーカーを歴任、『クライトン・ホール』 のコンサルタントを務めるなど、トップワイナリーばかりを渡り歩く輝けるキャリアを誇ります。レアード在籍時にルイス夫妻と出会い、ルイス夫妻は一目ぼれしてオファーを続けたそうです。今作 『アレクス・ブレンド』 は夫婦の長男であるアレクさんの名をとって付けられた作品(Alec's Blend)で、シラー主体(70%)にメルローとカベルネが若干ずつ混醸されています。今年の生産量も≪835ケース≫ときわめて少量。自ら「ワイルド・マウンテン・シラー」と表現する、濃厚ながらも長いきらめきの余韻とソフトさを売りとした大作です。2004ビンテージでは【WS94点】を、2002ビンテージでは【WS96点】を獲得し、2004年度の年間TOP100にて第12位(カリフォルニアワインとしては第3位)に選出。今作2006年も【WS95点】を手にし、これで8年連続91点超えという驚異的アヴェレージを誇る怪物シラーです。単一品種ではありませんが、同ランキングに乗せればWS95点は国内流通\30,000-前後の 『コルギン・シラー・IX』 と並び、全米シラーの年間第2位という歴史的ヴィンテージ。WS誌のジェームス・ローブ氏による「驚くほどの労作。ワンダフルなバイオレット、ヴァニラ・ビーン、エスプレッソのかぐわしいアロマに、ブラックチェリーとブラックベリーの階段。これは普通ではないフルーツであり、複雑なワインである。」という当時のコメントが、この作品の偉大さをすべて物語っています。【USR】【SYR】●真のルイス最希少作は、リザーヴ・カベルネなどではなくシラー系です。■ワインスペクテイター誌95ポイント



  • seo




Supported by 楽天ウェブサービス  サイトマップ  高級品 通信販売
このページのトップに戻る

このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。