高級品 通信販売

高級品 通信販売の商品を紹介

おに入りに追加
おすすめカテゴリ
高級品 通信販売
売れ筋商品
最高級スネークウッド曲りステッキ(杖) 竹節彫り ロングサイズ【送料無料】 最高級スネークウッド曲りステッキ(杖) 竹節彫り ロングサイズ【送料無料】
オススメ度:オススメ度
価格:1,890,000円
発送可能時期:
Romanee-Conti 6L DRC [1985] 100点+ 航空便入荷ワイン Romanee-Conti 6L DRC [1985] 100点+ 航空便入荷ワイン
オススメ度:オススメ度
価格:17,850,000円
発送可能時期:
★新製品 有機JASバニラビーンズ 業務用 500g×6最高級品 1本(4-5g) (化学合成農薬・化学肥料)不使用栽培 100%ご注文後、発送まで5-6日掛かります ★新製品 有機JASバニラビーンズ 業務用 500g×6最高級品 1本(4-5g) (化学合成農薬・化学肥料)不使用栽培 100%ご注文後、発送まで5-6日掛かります
オススメ度:オススメ度
価格:88,200円
発送可能時期:

このページの情報は
2009年3月7日12時28分
時点のものです。

<< 戻る

南高梅のこだわり梅酒 14°720ml

南高梅のこだわり梅酒 14°720ml
人気ランキング:
定価: オープン価格
販売元: 本場から直送! 九州焼酎CLUB
発売日:
価格 商品名
1,350円
南高梅のこだわり梅酒 14°720ml
南高梅のこだわり梅酒高品質な南高梅を使用したこだわりの梅酒!!☆おおやま夢工房おおやま夢工房は癒しの里として、ふるさと料理をもてなすレストランや旅館の経営などを行なっています。そのなかに「リキュール工房 うしゅく」があり、リキュールの製造を行なっています。☆南高梅のこだわり梅酒大山町名産の特産品の「南高梅」を使用。しっかりと熟成させた梅酒で梅本来の華やかな香りと、スッキリとした甘さが特徴。【容量】 720ml【度数】 14°【原材料】大山産南南高梅液糖、アルコール【産地】 大分【蔵元】 おおやま夢工房【他銘柄】九州紅茶梅酒、熟成梅酒 ゆめひびき大山町の鶯宿梅(5月下旬?6月中旬頃が収穫時期)大分県大山町はかつて、一村一品運動の碁盤として全国に一世を風靡しました。特に大山町の梅は日本一高品質と言われています。今もその伝統は引き継がれ、村おこしの目標とされています。大山町は梅の他にもハーブやすももなどの生産も行なっています。これらの成熟が早い作物である"早生"(わせ)を積極的に生産することにより、一年中常になにかを生産するという形をとっているのです。そんな大山町にあって、一番有名なのはやはり梅であり鶯宿梅(おうしゅくばい)です。大山町の鶯宿梅は知名度、品質ともに日本一と言って良いでしょう。地元の有名人に黒川金右衛門さんがいますが、この方は全国梅干コンクールで最優秀賞を受賞しています。 日本一の梅で目指すは世界一の梅酒!!  "おおやま夢工房""くれはロワイヤル"は「リキュール工房 うしゅく」で製造されています。その「リキュール工房 うしゅく」があるのが、おおやま夢工房です。現在は紅茶梅酒のみならず、ゆず酒やすもも酒など様々なリキュールを手掛けています。ゆず酒を飲ませていただきましたが、これも紅茶梅酒に負けず劣らずすごく飲みやすい味でした!おおやま夢工房としては癒しの里として、ふるさと料理をもてなすレストランや旅館の経営などを行なっています。2006年10月19日に社長と当店スタッフ二人で蔵元訪問をしました。道中いたるところに梅の木がありました。梅の木を見ながら、広大な景色が広がる山中に向かって20分位車で走った先に見えてきた建物・・・それが「おおやま夢工房」でした。おおやま夢工房の周りは自然が豊かで、空気も新鮮でした。大変残念だったのは、収穫時期が終わった後の枯れた梅の木しかなかったこと・・・。せっかくですから咲いている時の写真が撮りたかったです。製造過程をリキュール製造 開発顧問の手嶋靖久さんに説明していただきました。タンクの中に梅を漬け込みます。今入っているのは今年のものもありますが、大体は去年の梅だそうです。漬け込みが終わり、出したのは次のタンクに移動します。出来上がりを20°へ調整するのですが、置いていると大体がそうなるみたいです。写真を見ると分かるかもしれませんが、たてにつけるよりそのままの方が浸透性が出るそうです。梅のタネをねると良い香りが出るようになります。この樽には高級梅酒が入っています。ここにずっと入れておくと、梅は古くなります。しかし、古くなりすぎてもダメだそうで梅の香りと樽の香りがある一定の所でマッチするまで入れておくようです。この木樽は大手ウイスキーメーカーであるニッカから譲り受けたものです。ここで瓶詰めをします。写真から見て、左から順に工程が行なわれます。ここでは500ml、720ml、1800mlのみを作るそうです。それ以外は全部手詰めになるので、大変だそうです。最後に今回の案内をして下さった手嶋靖久さん(左)です。右の方は当店の社長です。手嶋さんは、製造過程の全ての責任者です。梅酒の製造過程を分かりやすく丁寧に教えてくれました。今回は本当にありがとうございました!!



  • seo




Supported by 楽天ウェブサービス  サイトマップ  高級品 通信販売
このページのトップに戻る

このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。